.

上級(5・6年)

未来を見つめ、自らの目標に向かって前進する

上級は、努力や経験の成果を発揮する集大成の時期、そして具体的な進路を定め、さらなる努力を積み重ねる時期です。
学校行事の中心的役割を担い、
そして大学受験というハードルを飛び越え、旅立ちの時を迎えます。

ホーム  >  修道の学び  >  上級(5・6年)

上級の学び

自由度の高い授業形態や細やかな個別指導で、志望大学に必要な学力を修得する

5年では文系・理系のクラスに分かれて学び、校外模試を利用した自己分析などを通して、弱点の克服に効率的に取り組みます。さらに6年では、各自の学力をより効率的に伸ばすためにコース別クラス編成になりますが、選択授業の活用により所属クラスに関わらず、すべての大学の受験に対応可能な自由度の高い授業形態としています。また教科学習や小論文・面接対策について細やかな個別指導を行い、志望大学合格に必要な学力を培います。

上級の主な取り組み 5年 6年
学力や思考力を伸ばす

夏季補習(希望制)

東大京大セミナー合宿(希望選抜制)

コース別クラス編成、特別授業・補習

主体性や判断力、
リーダーシップを培う

修学旅行

将来の進路を考える

大学別入試説明会

  • 文理別のクラス編成で
    志望進路に必要な学力を修得

    5年生になると文系・理系のクラスに分かれ、それぞれのカリキュラムで学びます。校外模試を活用して自己分析を行い、弱点の克服を効率的に行います。夏季休業中には、難関大学を目指す生徒を募り「東大京大セミナー合宿」を開催します。また、大学卒業後の就職も視野に入れた進路指導を行い、自分の将来像を意識することで日々の学習への意欲を高め、学力アップへつなげていきます。

  • 生徒の進路希望に合わせた
    コース別クラスや補習授業

    6年生では、一人ひとりの能力をより効率的に伸ばすために、文系・理系とも進路希望に応じたクラスで学びますが、選択授業を活用することでどのクラスに所属しても東大をはじめ、すべての大学の受験に対応できる形態となっています。夏季休業中には、5年生は約50講座、6年生は約70講座から選択して受講できる「夏休み補習授業」を開催しています。

  • 柔軟な個別指導や休日自習室
    校内で自主学習に取り組める

    修道の特色の一つに、生徒と教員の距離が近いことがありますが、学年が上がるごとにその距離はますます近くなっていきます。教科指導や小論文対策、面接指導などについて、可能な限り個別指導を行っています。また、授業日の始業前や昼休憩、放課後には進路学習室などを開放し、生徒が自主学習に利用できるようにしています。さらに一部の施設では、休日にも自主学習に取り組めます。

SHUDO Message

神垣 颯太さん 5年/化学班

この学校で、勉強の楽しさに気づき、
仲間と協力することの大切さを学んだ。
修道は一人ひとりに合った方法を示し
実力を引き出してくれる学校だと思う。

神垣 颯太さん5年/化学班

修道入学前の僕は、学校でも塾でも宿題を提出せず、いざ受験となっても勉強に身が入らない“ダメ”な小学生でした。ところが修道に入って、僕たちの関心を引くよう創意工夫が凝らされた授業を受けて、僕の考えは変わりました。「勉強が楽しい」と思えるようになったのです。また文化祭などのさまざまな行事を通して、仲間と協力することの大切さも学びました。こういった変化は、素晴らしい先生方や頼もしい仲間が集まる修道だからこそ得られたものだと思っています。
さらに修道生活の中で、夢を見つけることもできました。僕は将来、人々の命を助ける医療機器などの開発に携わっていきたいと考えています。修道という学校は、各々が目標を達成できるように、一人ひとりに合った方法を示し考えさせ、実力を引き出してくれます。受験生の皆さん、「責任ある自由」を掲げる修道への入学を目指して、頑張ってください!

有田 公一 数学科教諭/5年担任

これまで以上に多くの成功や失敗を
体験する上級の2年間。
喜びや苦しみを分かち合える仲間
とともにチャレンジし、前へ進もう。

有田 公一数学科教諭/5年担任

上級はゴールに向けてラストスパートをかける2年間です。今までは決められたレールの上を走ってきましたが、これからは自分の進む道は自分で切り拓いていくしかありません。
そして修道生活最後の2年間では、体育祭や文化祭などの学校行事、班活動、定期テストや校外模試などで、これまで以上に「成功」と「失敗」を経験し、「喜び」や「苦しみ」を感じる機会が増えるでしょう。しかし、その感情が大きいほど本気で取り組んでいる証拠なので、何事に関しても全力で取り組んでください。
そして、いかなる状況になったとしても、修道には喜びや苦しみを分かち合える仲間がいます。同級生、先輩、後輩、そして先生たち。我々教員は君たちのサポーターでありトレーナーです。厳しい訓練を課すこともありますが、添削やメンタルケアなど、生徒のバックアップも全力で行います。「受験は団体戦」といいますが、一人で戦うのではなく、仲間と一緒に、そして仲間のためにチャレンジしてください。何があろうとも「自分」をしっかりもち、「仲間」とともに「前へ」進め!

永野 有晃さん 京都大学法学部1年/修道高等学校2020年卒業/弓道班

初めて京大レベルの英語に触れ、
その難しさを痛感した東大京大セミナー
先生方や友人の支えがあったから、
受験生活を乗り越えられたと感じている。

永野 有晃さん京都大学法学部1年/修道高等学校2020年卒業/弓道班

担任の先生に後押しされて参加を決めた東大京大セミナーで、初めて京大レベルの英語に触れて、その難しさを痛感しました。だからこそ添削指導では英語、それから国語を主に指導していただきました。特にセンター試験(2021年から大学入学共通テスト)終了後から個別学力試験までの間には、ほぼ毎日、過去問などの添削で先生方のサポートを受けました。
受験勉強が中心だった修道生活最後の1年間。受験勉強を乗り越えていく中で、先生方には多くのアドバイスをいただきました。そして友人たちには不安な気持ちを和らげてもらいました。周りの人々に支えられていると実感できたこの1年は、上級の生活において忘れがたい時間です。自分が志望校に合格し、受験を乗り越えられたのは間違いなく彼らの存在のおかげでもあるのです。

  • 修学旅行 [5年]
    .
    奄美大島・屋久島の大自然や
    文化に親しみ、心を豊かに育む

    クルーズ客船「ぱしふぃっくびいなす」をチャーターして、船中泊で奄美大島・屋久島を巡り、さまざまなアクティビティに挑戦。現地の自然や文化に親しみ心を豊かに育む修学旅行です。

  • 東大京大セミナー合宿 [5年]
    .
    現役東大生・京大生から
    刺激を受け意欲を高める

    3泊4日で勉強漬けの生活を送ります。東京大学、京都大学に在学中の先輩たちも参加するので、受験や大学生活など、貴重な話を直接聞けるチャンスです。