.

上級(5・6年)

未来を見つめ、自らの目標に向かって前進する

上級は、努力や経験の成果を発揮する集大成の時期、そして具体的な進路を定め、さらなる努力を積み重ねる時期です。
学校行事の中心的役割を担い、
そして大学受験というハードルを飛び越え、旅立ちの時を迎えます。

ホーム  >  修道の学び  >  上級(5・6年)

上級の学び

自由度の高い授業形態や細やかな個別指導で、志望大学に必要な学力を修得する

5年では文系・理系のクラスに分かれて学び、校外模試を利用した自己分析などを通して、弱点の克服に効率的に取り組みます。さらに6年では、各自の学力をより効率的に伸ばすために到達度別のクラスに分かれますが、選択授業の活用により所属クラスに関わらず、すべての大学の受験に対応可能な自由度の高い授業形態としています。また教科学習や小論文・面接対策について細やかな個別指導を行い、志望大学合格に必要な学力を培います。

上級の主な取り組み 5年 6年
学力や思考力を伸ばす

夏季補習(希望制)

東大京大セミナー合宿(希望選抜制)

到達度別クラス、特別授業・補習

主体性や判断力、
リーダーシップを培う

修学旅行

将来の進路を考える

大学別入試説明会

  • 文理別のクラス編成で
    志望進路に必要な学力を修得

    5年生になると文系・理系のクラスに分かれ、それぞれのカリキュラムで学びます。校外模試を活用して自己分析を行い、弱点の克服を効率的に行います。夏季休業中には、難関大学を目指す生徒を募り「東大京大セミナー合宿」を開催します。また、大学卒業後の就職も視野に入れた進路指導を行い、自分の将来像を意識することで日々の学習への意欲を高め、学力アップへつなげていきます。

  • 生徒の意欲に応える自由度の
    高い到達度別クラスや補習授業

    6年生では、一人ひとりの能力をより効率的に伸ばすために、文系・理系とも到達度に応じたクラスで学びますが、選択授業を活用することでどのクラスに所属しても東大をはじめ、すべての大学の受験に対応できる形態となっています。夏季休業中には、5年生は約50講座、6年生は約70講座から選択して受講できる「夏休み補習授業」を開催しています。

  • 柔軟な個別指導や休日自習室
    校内で自主学習に取り組める

    修道の特色の一つに、生徒と教員の距離が近いことがありますが、学年が上がるごとにその距離はますます近くなっていきます。教科指導や小論文対策、面接指導などについて、可能な限り個別指導を行っています。また、授業日の始業前や昼休憩、放課後には進路学習室などを開放し、生徒が自主学習に利用できるようにしています。さらに一部の施設では、休日にも自主学習に取り組めます。

SHUDO Message

桑田 直希さん 5年/放送班

引っ込み思案な性格だったが、
修道で物事に主体的に取り組めるように。
将来は、患者さんが笑顔になれる
歯科医師を目指し、日々勉強している。

桑田 直希さん5年/放送班

僕はもともと人見知りで、引っ込み思案な性格でした。そんな僕が修道に入って、放送班で体育祭の実況や音楽祭の司会、オーストラリア研修(2019年度よりFLP USNWコースとして実施)で英語でのプレゼンテーション、生徒会で核廃絶のための署名活動といった数々の経験を通して、主体的に物事に取り組めるようになったと思います。修道で出会ったいろいろな個性を持つ先輩や友人たち、生徒に寄り添ってくださる先生方のおかげだと感じています。
将来は、患者さんが笑顔になれる歯科医師を目指して、日々勉強しています。修道はたくさんのことに楽しく挑戦できる学校です。受験勉強は大変だと思いますが、修道ではきっと楽しい学校生活が待っています。最後まで自分を信じて頑張ってください。応援しています!

森脇 啓介 英語科教諭/5年担任

自ら学び、考え、問い続けるのが
上級の生徒の姿勢。
どんな困難も乗り越えられるような
人物になってほしい。

森脇 啓介英語科教諭/5年担任

上級では、初級・中級で培った経験をもとに、リーダーシップの実践に入ります。自主的・主体的に行動し、問題解決能力を養っていきます。班活動や学校行事で中心的役割を担い、下級生をリードして全体を成功へと導くのは上級の生徒の役割です。また、学習面においてもリーダーシップは不可欠です。変化が激しく先行きが不透明な現代において、将来の夢へ向かっていくためには、自分自身をリードする力が必要になります。自ら学び、考え、問い続けるのが上級の生徒の姿勢です。修道の教員は生徒と距離が近いと言われますが、決して迎合しているわけではありません。生徒みんなが互いに切磋琢磨し、教員と真剣勝負し、どんな困難も乗り越えられるような人物になってほしいと思います。

時盛 瑛史さん 東京大学理科二類1年/修道高等学校2019年卒業/ジャグリング同好会

唯一の楽しみは食事だけと感じるほど
ハードな東大京大セミナーで、
先輩方から直に聞く大学生活の話は
受験に向かう意欲をかき立ててくれた。

時盛 瑛史さん東京大学理科二類1年/修道高等学校2019年卒業/ジャグリング同好会

東大京大セミナー合宿では、正直なところ辛かった思い出が大半です。ジャグリングの大会直後で疲れていたこともあり、唯一の楽しみは食事だけという状況でしたが、そんな中で東大京大に通う先輩方の学びや大学生活についてのお話は大変興味深く参考になり、やはりセミナー合宿に参加して良かったと感じました。
夏季補習は先生と話し合って、何が自分に必要かを考えて受講科目を選ぶことが重要です。「伸びる」と言われる夏休みを無駄にしたくなかったので、僕は苦手分野の把握と克服を目標に補習を取りました。結果が出るまでに時間はかかりましたが、継続することの大切さを実感しました。
修道の学校生活で一番楽しかったのは、6年生の体育祭での仮装行列です。皆時間がない中で一つの作品を作っていく過程の楽しさは、修道ならではのものを感じました。6年になると受験に向けた学習が中心の生活になりますが、このようなイベントで息抜きができ、メリハリのある生活ができたことは大きかったと思います。

  • 修学旅行 [5年]
    .
    奄美大島・屋久島の大自然や
    文化に親しみ、心を豊かに育む

    クルーズ客船「にっぽん丸」をチャーターして、船中泊で奄美大島・屋久島を巡り、さまざまなアクティビティに挑戦。現地の自然や文化に親しみ心を豊かに育む修学旅行です。

  • 東大京大セミナー合宿 [5年]
    .
    現役東大生・京大生から
    刺激を受け意欲を高める

    3泊4日で勉強漬けの生活を送ります。東京大学、京都大学に在学中の先輩たちも参加するので、受験や大学生活など、貴重な話を直接聞けるチャンスです。