.

上級(5・6年)

未来を見つめ、自らの目標に向かって前進する

上級は、努力や経験の成果を発揮する集大成の時期、そして具体的な進路を定め、さらなる努力を積み重ねる時期です。
学校行事の中心的役割を担い、
そして大学受験というハードルを飛び越え、旅立ちの時を迎えます。

ホーム  >  修道の学び  >  上級(5・6年)

上級の学び

自由度の高い授業形態や細やかな個別指導で、志望大学に必要な学力を修得する

5年では文系・理系のクラスに分かれて学び、校外模試を利用した自己分析などを通して、弱点の克服に効率的に取り組みます。さらに6年では、各自の学力をより効率的に伸ばすためにコース別クラス編成になりますが、選択授業の活用により所属クラスに関わらず、すべての大学の受験に対応可能な自由度の高い授業形態としています。また教科学習や小論文・面接対策について細やかな個別指導を行い、志望大学合格に必要な学力を培います。

上級の主な取り組み 5年 6年
学力や思考力を伸ばす

夏期補習授業(希望制)

東大京大セミナー合宿(希望選抜制)

コース別クラス編成、特別授業・補習

主体性や判断力、
リーダーシップを培う

修学旅行

将来の進路を考える

大学別入試説明会

  • 文理別のクラス編成で
    志望進路に必要な学力を修得

    5年生になると文系・理系のクラスに分かれ、それぞれのカリキュラムで学びます。校外模試を活用して自己分析を行い、弱点の克服を効率的に行います。夏期休業中には、難関大学を目指す生徒を募り「東大京大セミナー合宿」を開催します。また、大学卒業後の就職も視野に入れた進路指導を行い、自分の将来像を意識することで日々の学習への意欲を高め、学力アップへつなげていきます。

  • 生徒の進路希望に合わせた
    コース別クラスや補習授業

    6年生では、一人ひとりの能力をより効率的に伸ばすために、文系・理系とも進路希望に応じたクラスで学びますが、選択授業を活用することでどのクラスに所属しても東大をはじめ、すべての大学の受験に対応できる形態となっています。夏期休業中には、5年生は約50講座、6年生は約70講座から選択して受講できる「夏休み補習授業」を開催しています。

  • 柔軟な個別指導や休日自習室
    校内で自主学習に取り組める

    修道の特色の一つに、生徒と教員の距離が近いことがありますが、学年が上がるごとにその距離はますます近くなっていきます。教科指導や小論文対策、面接指導などについて、可能な限り個別指導を行っています。また、授業日の始業前や昼休憩、放課後には進路学習室などを開放し、生徒が自主学習に利用できるようにしています。さらに一部の施設では、休日にも自主学習に取り組めます。

SHUDO Message

金子 卓仁さん 6年/バスケットボール班

学びへの意識が能動的になり、
勉強は自分と夢を近づける手段
だと気づいた。
修道は先生方と生徒の間で互いに個性を
尊重しながら/成長できる学校だと思う。

金子 卓仁さん6年/バスケットボール班

僕は修道に入学してからも、「なぜ勉強をするのか」という問いに対する明確な答えを持っていませんでした。ゆえに与えられた課題をただ漫然とこなし、受動的な勉強にしか取り組んでいませんでした。しかし先生方の工夫に富んだ情熱的な授業を受けるにつれ、自分の学びへの意識は能動的なものへと変化していきました。勉強は自分と夢を近づける手段であることに気づき、今も自分の可能性を広げている最中です。
さらに学校行事や班活動では、楽しいことにも真剣に取り組む姿勢を身につけました。
修道は先生と生徒、そして生徒同士で、互いに個性を尊重し合って成長できる場所です。みなさんも実りある6年間を一緒に過ごしてみませんか?

田中 大翔 数学科教諭/6年担任

試行錯誤しながら努力を積み重ねること
こそが人間的成長につながっていく。
生徒が大学受験を
最後まで走り切れるよう、
教員は伴走者としてサポートする。

田中 大翔数学科教諭/6年担任

大学受験を通して、生徒たちは自ら設定した目標に向かって計画を実行し、目標達成という経験を得て人間的成長を遂げます。大学受験は生徒にとって、これまでの人生で経験したことのないような大きな壁になることでしょう。乗り越えなくてはならない壁そのものが高いだけでなく、ライバルは日本中にいて、同学年以外の人々も含まれるからです。生徒は「この壁を乗り越えることができるのか」という不安を感じ続け、最初に決めた目標を「今の自分で到達できそうな目標」に変えたくなります。しかし、そこで曲げてしまったら大学受験を通じての人間的成長は得られません。自分の思い通りに進まないことがある中で、妥協せず試行錯誤しながら努力を積み重ねていくことこそが、人間的な成長につながるのだと考えています。だからこそ、私たち教員は生徒たちが大学受験を最後まで走り切ることができるような伴走者であることを心がけています。関わりすぎることなく近くで見守り、生徒たちの心の揺れを支え、生徒たちが目標を達成できるようなサポートに徹します。
上級では受験だけでなく、さまざまな行事においても中心的な役割を担います。そういった場面でも、計画→実行→試行錯誤→達成のサイクルを通じて生徒たちの人間的成長が促されます。主役は生徒一人一人です。生徒たちが初級・中級で培ってきた力をもとに、確固たる自律を築き上げる2年間が上級なのです。

中島 総一郎さん 京都大学法学部1年/修道高等学校2021年卒業/バドミントン班

数学力の向上に役立った夏期補習
添削を見て自分の解答を研究するように心がけた。コロナ禍の休校期間も、SNSアプリを活用しクラスメイトと互いにモチベーションを維持した。

中島 総一郎さん京都大学法学部1年/修道高等学校2021年卒業/バドミントン班

4年生の冬、先生との面談で「今のままじゃ京大は無理だね」と指摘され、とてもショックを受けたと同時にやる気に火がつきました。それまで意識していなかった志望校のレベルと自分の学力のギャップに気づかされたことが、勉強のモチベーションになったのです。
夏期補習は数学力の向上に大いに役立ちました。添削指導では「どれだけできたか」ではなく、「修正が入った解答」に注目して「なぜ直されたのか」について研究するように心がけたことで、多くの実りを得ることができました。
6年生になってすぐコロナ禍の影響で学校が休みになり、勉強に励むクラスメイトの姿を直接目にすることがかないませんでした。しかし、自分の勉強時間を記録するSNSアプリを通じてお互いにモチベーションを維持し、志望校合格という目標を実現。先生方をはじめ、上級を共に過ごした仲間は、私が受験を乗り越えるために不可欠な存在だったと強く思います。

  • 修学旅行 [5年]
    .
    奄美大島・屋久島の大自然や
    文化に親しみ、心を豊かに育む

    豪華客船をチャーターして、宇品から鹿児島県の屋久島・奄美大島へ航海に出ます。3泊4日の宿泊はすべて船内で、上陸した島では大自然を満喫し、心を豊かに育む修学旅行です。

  • 東大京大セミナー合宿 [5年]
    .
    現役東大生・京大生から
    刺激を受け意欲を高める

    2泊3日で勉強漬けの生活を送ります。東京大学、京都大学に在学中の先輩たちも参加するので、受験や大学生活など、貴重な話を直接聞けるチャンスです。