.

中級(3・4年)

「今、何をすべきか」自分で考えた課題に立ち向かう

心身ともに大きく変化し、自我に目覚める中級は、自分の内面に目を向け、
個性を探し、伸ばすための挑戦をする時期です。たとえ失敗しても、
そこから新たな課題を見つけ、次のステップに臆せず進むたくましさと
自律性を育み、さらなる成長につなげます。

ホーム  >  修道の学び  >  中級(3・4年)

中級の学び

主体的に学ぶ姿勢を身につけ、自身の志望と適性を見極めて文理選択に備える

毎日の授業内容を消化・吸収し、確かな学力として定着させるためには、授業時間外でも能動的な姿勢で学ぶ姿勢が欠かせません。図書館などでの自主学習や教員室での個別指導、各自の習熟度に合わせて学べる夏季補習など、校内で主体的に学べる環境を用意しています。また上級での文理選択授業に備えた取り組みも実施。自身の志望と適性を見極める数々の行事を通して、将来の進路に対する意識を育み、4年秋の文理選択調査に臨みます。

中級の主な取り組み 3年 4年
学力や思考力を伸ばす

放課後個別指導(希望制)、土曜学習会(希望制)、夏季補習(希望制)

主体性や判断力、
リーダーシップを培う

FLP

将来の進路を考える

進路適性検査、大学模擬授業

東大見学ツアー(希望選抜制)

  • 確立した学習習慣を発展させ、
    主体的に学ぶ姿勢を身につける

    毎日の授業内容を消化・吸収し、確かな学力として定着させるためには、授業時間だけではなく、予習・復習・宿題などの授業時間以外の学習への取り組みが欠かせません。初級で確立した学習習慣をさらに発展させるために、放課後や昼休憩に進路学習室や図書館で自主学習を行ったり、教員室で個別指導を受けたりすることができるなど、校内でも自主的に学習に取り組める環境を用意しています。

  • 自分の習熟度に合わせた
    課外授業や補充授業

    週末には、学年が「土曜学習会」を企画することがあります。学習面で出遅れている生徒のフォローをしたり自主学習をサポートしたりします。また、夏季休業中には、各自の習熟度に合わせて講座を選択し、重点的に学習できる「夏期補習」を実施します。英語・数学・国語を中心に講座が開講され、毎年多くの生徒が受講します。

  • 自分の志望と適性を見極め、
    文理選択に備える

    5年から文理別授業となるため、4年の秋に文系・理系の選択調査を実施します。それに備えて3、4年で進路適性検査を実施したり職業や学部学科について調べたりして、自分の進路に対する意識を育みます。また、東大見学ツアーや大学の先生をお招きした模擬授業などを実施し、大学での学問の一端に触れ、学ぶ意欲を高めます。

SHUDO Message

小田 歩夢さん 3年/ワンダーフォーゲル班

修道は、数えきれないほど
多くの魅力を持つ「特別な学校」。
先生や仲間との関わりの中で
自分が成長していくのを実感している。

小田 歩夢さん3年/ワンダーフォーゲル班

僕は毎日の生活の中で、修道は「特別な学校」だと強く感じています。授業、班活動、設備など例を挙げればきりがありませんが、それほど多くの魅力を修道は持っています。中でも班活動。僕は全国クラスの班であるワンダーフォーゲル班に所属していますが、「全国」という目標に向かって努力をすることで、毎日が充実したものになっていることは間違いありません。
また僕は修道に入ってからクライミングを始めたのですが、修道の先生と共に練習をしています。先生と競い合いながら練習をするなんて、素敵なことだと思いませんか。自分よりも人生経験のある先生との距離が近い修道では、多くのことを吸収でき、それが自分の将来に大いに役立つと思います。
クラスの人数も小学校の時より多くなり、班活動でも多くの仲間ができますが、たくさんの人々と関わることで、自分という人間が形成されると感じています。こうしたことが実感できるのも修道が「特別な学校」である所以の一つだと思います。そんな人生において非常に貴重な経験ができる学校、それが修道という学校です。受験勉強は辛いと思いますが、他では絶対にない「特別」が皆さんを待っています。悔いの内容に頑張ってください。

吉村 誠司 数学科教諭/3年担任

中級は、学校生活上の選択肢が増え、
自分で考えて行動することが求められる。
高校受験がない分、
さまざまなことにチャレンジし、
自ら将来を切り開く強さ
を磨いてほしい。

吉村 誠司数学科教諭/3年担任

学習面においては、高校の範囲の学習が始まります。大学入試で直接問われる内容になるので、一つ一つのことを確実に身につけていけるようにしましょう。授業中の「わかった」を増やすために、初級の頃以上に宿題・予習を充実させてほしいと思います。生活面においては制服の着こなし方に幅が広がる、自宅外の駅などからの自転車通学が許可されるなど、自分自身の行動の選択肢が増えます。初級の頃よりも自分で考えて行動することを求められるようになります。上級になったとき頼れる先輩・立派な受験生になれるように、学習・生活の両面で自ら進んで行動することによって成長してほしい期間です。
高校受験がないので、さまざまなことにチャレンジできる時期でもあります。班活動では中学生の最上級学年を経験して、同じ仲間たちと活動を続けることができます。3年次のFLP(フューチャー・リーダーズ・プログラム)や4年次の東大見学ツアーなど、将来について自分自身で考えるきっかけが用意されています。中級では、自分の将来を自分自身で切り開いていくことができる強さを磨いてほしいと思います。

石原 響さん 5年/弓道班

東大見学ツアーで、
研究レベルの高さに触れ
これから挑戦する目標の大きさを
具体的に認識したことは、
私にとって貴重な体験となった。

石原 響さん5年/弓道班

東大見学ツアーでは、自分の中で「日本最高峰の大学」という漠然としたイメージを持っていた東大を実際に訪れ、豊富な実験設備や研究レベルの高さを直接見たことで、これから挑戦する目標の大きさを具体的に認識することができました。4年生の私にとって貴重な体験となりました。
班活動では弓道班に所属し、中高合同で個性あふれる先輩・後輩と共に日々練習を積み重ね、弓道の腕を磨いています。また、班活動に集中して全力で取り組むことで、学業とも両立し、より充実した修道生活を送れていることを実感しています。

  • FLP(フューチャー・リーダーズ・プログラム) [3年]
    .
    未来のグローバルリーダーとしての資質と能力を育む

    オーストラリアの大学で行う「UNSWコース」、国内で行う「SHUDOコース」のいずれかに参加し、思考力・判断力・表現力を磨き「未来のリーダー」としての資質と能力を高めます。

  • 東大見学ツアー [4年]など
    .
    自らの進路を意識し、考えるための多彩な機会や行事

    志望や適性に沿った文理選択に備えて、東大見学ツアーや予備校講師による進路講演会といった、自分の進路や将来を考えるための参考となる機会や行事を多彩に展開しています。