.

中級(3・4年)

「今、何をすべきか」自分で考えた課題に立ち向かう

心身ともに大きく変化し、自我に目覚める中級は、自分の内面に目を向け、
個性を探し、伸ばすための挑戦をする時期です。たとえ失敗しても、
そこから新たな課題を見つけ、次のステップに臆せず進むたくましさと
自律性を育み、さらなる成長につなげます。

ホーム  >  修道の学び  >  中級(3・4年)

中級の学び

主体的に学ぶ姿勢を身につけ、自身の志望と適性を見極めて文理選択に備える

毎日の授業内容を消化・吸収し、確かな学力として定着させるためには、授業時間外でも能動的な姿勢で学ぶ姿勢が欠かせません。図書館などでの自主学習や教員室での個別指導、各自の習熟度に合わせて学べる夏季補習など、校内で主体的に学べる環境を用意しています。また上級での文理選択授業に備えた取り組みも実施。自身の志望と適性を見極める数々の行事を通して、将来の進路に対する意識を育み、4年秋の文理選択調査に臨みます。

中級の主な取り組み 3年 4年
学力や思考力を伸ばす

放課後個別指導(希望制)、夏季補習(希望制)

主体性や判断力、
リーダーシップを培う

FLP

将来の進路を考える

進路適性検査、大学模擬授業

東大見学ツアー(希望選抜制)

  • 確立した学習習慣を発展させ、
    主体的に学ぶ姿勢を身につける

    毎日の授業内容を消化・吸収し、確かな学力として定着させるためには、授業時間だけではなく、予習・復習・宿題などの授業時間以外の学習への取り組みが欠かせません。初級で確立した学習習慣をさらに発展させるために、放課後や昼休憩に進路学習室や図書館で自主学習を行ったり、教員室で個別指導を受けたりすることができるなど、校内でも自主的に学習に取り組める環境を用意しています。

  • 自分の習熟度に合わせた
    補習学習

    夏季休業中には、各自の習熟度に合わせて講座を選択し、重点的に学習できる「夏期補習」を実施します。英語・数学・国語を中心に講座が開講され、毎年多くの生徒が受講します。

  • 自分の志望と適性を見極め、
    文理選択に備える

    5年から文理別授業となるため、4年の秋に文系・理系の選択調査を実施します。それに備えて3、4年で進路適性検査を実施したり職業や学部学科について調べたりして、自分の進路に対する意識を育みます。また、東大見学ツアーや大学の先生をお招きした模擬授業などを実施し、大学での学問の一端に触れ、学ぶ意欲を高めます。

SHUDO Message

野尻 康介さん 3年/バドミントン班

人前で発言する機会を通して
培われた責任感やリーダーシップは、
キャプテンを務める班活動にも
生きていると感じる。

野尻 康介さん3年/バドミントン班

僕はこれまでの修道生活を通して、責任感やリーダーシップが身についたと実感しています。普段の授業やさまざまな行事などにおいて、小学生の時よりも人前で発言する機会が増えたことで、培われたのだと思います。
そして、それらを最も発揮できるのは、僕がキャプテンを務める班活動です。班員のほとんどが中学生からバドミントンを始めたというチームにも関わらず、2年連続で県大会の団体3位以上入賞という目標をもって取り組むことができています。引き続き班員のみんなを率いて、さらなる高みに行けるよう頑張ります。
修道での生活は、小学校の頃とは比べものにならないほどガラリと変わります。1クラスあたりの人数も増えるし、班活動でも多くの仲間ができます。カッコいい先輩たちや個性豊かな先生方をはじめ、修道では年齢だけでなく、立場や経験も異なるさまざまな人々と関わる機会がたくさんあります。その中で自分の個性に気がつき、活躍できる場を必ず見出すことができるはずです。
やるべきこと・やりたいことで忙しいものの、毎日がとても充実しています。僕は今3年生ですが、これからまだまだ経験したことのない日々が待っていると思うと、楽しみで仕方がありません。受験勉強は大変だと思いますが、無事入学を果たしたあかつきには、勉強だけでなく班活動にも遊びにも全力を出して、一緒に「カッコいい男」を目指しましょう!

廣田 将大 社会科教諭/3年担任

中級では、自身の行動に
「自立」が求められるようになる
FLPをはじめ、行事に積極的に取り組み、
上級に備えて経験を重ねていこう。

廣田 将大社会科教諭/3年担任

学習面においては、これまで学んできたことを掘り下げ、論理的に物事を考える力や、それを言語化する力を身につけることが大切です。日々の授業を確実に理解できるよう、自学自習の時間を充実させましょう。
生活面では、服装選択の幅が広がり、自宅外の駅などからの自転車通学が認められるなど、さまざまな行動に「自立」が求められるようになります。修道独自の伝統として、長きにわたって続いてきている仕組みです。「下級生の見本となる」という自覚を持った行動を心がけてほしいと思います。
中級はチャレンジの期間として、FLP(フューチャー・リーダーズ・プログラム)や東大見学ツアーといったさまざまな行事が用意されているので、積極的に取り組み、上級に備えましょう。また高校受験がないので、班活動を引退することなく継続して行うことができます。班活動は異なる年齢の集団の中でかけがえのない経験を積める場でもあります。学習面・生活面の双方での皆さんのさらなる鍛錬に期待しています。

福満 康太郎さん 5年/テニス班

東大見学ツアーで、研究施設の見学や
東大に通う修道の先輩方との交流を通して
目標を明確にすることができた。
夢に向かって努力を始める契機となった。

福満 康太郎さん5年/テニス班

中級で最も印象に残っている出来事が二つあります。一つは3年次に参加したオーストラリア研修(2019年度よりFLP UNSWコースとして実施)。それまで訪れたことのなかった外国に2週間滞在し、現地の大学での活動やホストファミリーとの交流を通じて、他国の文化を学ぶことができました。また同時に、英語によるコミュニケーションの楽しさも体感することができました。
そしてもう一つが4年次における東大見学ツアーです。実際の研究施設を訪れたり、東大に進学された先輩方のお話を伺ったりしたことは、とても貴重な経験となりました。このプログラムに参加したことで、自分の目標が明確になり、これから自分の夢に向かって一歩一歩努力する契機を得ることができました。
二つの行事に取り組んで培った経験を生かして、これからの修道生活をさらに充実させていきたいと思います。

  • FLP(フューチャー・リーダーズ・プログラム) [3年]
    .
    未来のグローバルリーダーとしての資質と能力を育む

    オーストラリアの大学で行う「UNSWコース」、国内で行う「SHUDOコース」のいずれかに参加し、思考力・判断力・表現力を磨き「未来のリーダー」としての資質と能力を高めます。

  • 東大見学ツアー [4年]など
    .
    自らの進路を意識し、考えるための多彩な機会や行事

    志望や適性に沿った文理選択に備えて、東大見学ツアーや予備校講師による進路講演会といった、自分の進路や将来を考えるための参考となる機会や行事を多彩に展開しています。