.

次代のグローバルリーダーを育む学び

FLP

Future Leaders Program
(フューチャー・リーダーズ・プログラム)
2019年度スタート

ホーム  >  修道の学び  >  FLP

FLP(フューチャー・リーダーズ・プログラム)は、「未来のリーダー」としての資質と能力の向上を目指すプログラム。

海外で学ぶ「UNSWコース」と国内で学ぶ「SHUDOコース」のいずれかに参加し、英語4技能はもちろん、「思考力・判断力・表現力」を育む多彩なプロジェクトに挑戦します。修道ベーシックルーブリックを土台に据えて、多様な文化的背景を持つチームで協働し、新しい価値観を創造するクリエイティブな能力も開発していきます。

高い志と自身の可能性を育み、グローバル社会で人生を切り開く力を身につけるプログラムです。

オーストラリアの大学で英語でのアウトプットや
現地学生とのプロジェクトに挑戦

  • UNSWコース(16日間)

    オーストラリア・シドニー市のニューサウスウェールズ大学(University of New South Wales, UNSW)で、修道生のために開発されたオリジナルプログラムに取り組みます。
    アウトプットを重視した英語研修や現地大学生とのプロジェクトなどに参加し、仲間と協働して考えを深く掘り下げる学びを展開します。滞在中は現地の家庭にホームステイし、異文化交流を通してコミュニケーション力を培います。

  • ニューサウスウェールズ大学(シドニー市)

  • 研修風景

外国人留学生とともにオール・イングリッシュで
探究型プログラムに取り組む

  • SHUDOコース(11日間)

    前半6日間で大学訪問や語学研修を行った上で、後半5日間はファシリテーター(ネイティブ講師)の下、東京大学などに在学中の外国人留学生を交えた小グループで探究型のプログラムに取り組みます。オール・イングリッシュでのディスカッションやプレゼンテーションなどに挑戦し、主体性・協働性を育みます。
    また外国人留学生は、修道生の自宅にホームステイ。家庭生活を共にすることで、さらなる異文化交流を図り、コミュニケーション力向上につなげます。

  • 広島大学(東広島市)で実施するプログラムもあります。

ShuDo Message from

グローバルな学びと活動を展開する修道生

佐藤 佑亮さん

人生で一番の刺激を受けた
オーストラリアでの2週間。
海外で活動する夢がさらに膨らんだ。

4年佐藤 佑亮さん

異文化への興味と海外で働くことに憧れがあったため、UNSWコースに参加しました。研修ではUNSWで海水汚染を始めとするさまざまな事柄について、英語で授業を受けたり、UNSWの在学生たちと最終日のプレゼンテーションに向けた準備をしたりしました。ホストファミリーの家では、夕食をとりながら話をするなどし、リラックスして過ごすことができました。あっという間の2週間、とても濃く充実した日々でした。研修を経て、日本ではあまり実践の機会がない「話す」英語力の向上を実感しています。また、積極的に意見を言うことの大切さに改めて気づき、意識するようにもなりました。高校卒業までの3年間では夢を実現するため、こうした海外プログラムにどんどん参加したいと思います。

南 悠仁さん

留学生のホストファミリーを務め、
英語に対する距離がぐっと縮まった
日本を見つめ、将来を考える契機に。

4年南 悠仁さん

SHUDOコースを選んだ理由は、日本で学んでいる優秀な留学生の皆さんと直接お話をしてみたかったからです。日本で暮らす外国人ならではの視点による日本や日本人の長所・短所などを聞き、「日本は世界の潮流に乗れていない!」と痛感しました。それと同時に、そんな日本を自分が変えていきたいと思いました。また今回の経験を通じて、コミュニケーション力とスピーキング力だけでなく、恐れずに自分の意見を伝える積極性も飛躍的に伸びたと実感しています。そして僕は将来、海外留学をしたいと考えています。もっと自分の視野を広げ、日本に貢献したいからです。そのため、これからも向上心を忘れずに頑張ります!

楠 康生さん

海外の学生の意識の高さを感じた
海外留学。将来は日本と諸外国の関係改善や
平和構築に関わりたい。

5年楠 康生さん

語学(今は英語、韓国語、中国語)力向上、海外のいろんな国で友達をつくりたい、さまざまな国の歴史、文化や生活などを学び理解したいといった動機から、僕はこれまでに「広島市・大邱広域市青少年交流事業」、「グローバル未来塾海外研修」、「日本高校生短期訪中事業」に参加しました。これらの留学を通じて感じたことは、海外の学生は僕(日本人)よりも、語学力・知識量・発言力などほとんどすべてにおいて優れているということと、実際に現地を訪れることの大切さです。将来は海外留学で得た経験を生かし、日本とアジアをはじめとする世界の国々との交流をより活発にしていきたいと思っています。そしてこうした諸外国との関係改善や平和構築に関わりたいと考えています。

森 慶真さん

医療ボランティアとしてケニアへ。
貧困や紛争に苦しむ地域で
人々の命を助ける臨床医を目指す。

6年森 慶真さん

先進国内の設備が整った環境だけでなく、アフリカなどの物資も満足に得られない環境での医療サービスにも携わるべく、私は単身ケニアへ渡り、諸外国の高校生たちとともに約半月に及ぶ医療ボランティアへ参加しました。現地では病院での実習や出張医療の運営などを経験すると同時に、機関銃を持って立つ警備員や大規模なスラムなどに、カルチャーショックを受けました。そして他国からの援助があっても、一握りの人々しかそれらを享受できないという現実は、私の「真の国際協力」に対する考え方を変えました。留学前は確固たる理由もなく医師を夢見ていましたが、死生観や価値観を深め日本に帰ってきた今、私は貧困・紛争地域で暮らす人々の生きる手助けをすべく、臨床医を目指しています。