.

次代のグローバルリーダーを育む学び

FLP

Future Leaders Program
(フューチャー・リーダーズ・プログラム)
2019年度スタート

ホーム  >  修道の学び  >  FLP

FLP(フューチャー・リーダーズ・プログラム)は、「未来のリーダー」としての資質と能力の向上を目指すプログラム。

海外で学ぶ「UNSWコース」と国内で学ぶ「SHUDOコース」のいずれかに参加し、英語4技能はもちろん、「思考力・判断力・表現力」を育む多彩なプロジェクトに挑戦します。

多様な文化的背景を持つチームで協働し、新しい価値観を創造するクリエティブな能力も開発していきます。高い志と自身の可能性を育み、グローバル社会で人生を切り開く力を身につけるプログラムです。

オーストラリアの大学で英語でのアウトプットや
現地学生とのプロジェクトに挑戦

  • UNSWコース(16日間)
    ※2018年度以前は「オーストラリア研修」として実施。

    オーストラリア・シドニー市のニューサウスウェールズ大学(University of New South Wales, UNSW)で、修道生のために開発されたオリジナルプログラムに取り組みます。
    アウトプットを重視した英語研修や現地大学生とのプロジェクトなどに参加し、仲間と協働して考えを深く掘り下げる学びを展開します。滞在中は現地の家庭にホームステイし、異文化交流を通してコミュニケーション力を培います。

  • ニューサウスウェールズ大学(シドニー市)

  • 研修風景

外国人留学生とともにオール・イングリッシュで
探究型プログラムに取り組む

  • SHUDOコース(10日間)
    ※2018年度以前は「エンパワーメントプログラム」として実施。

    前半5日間に集中的に語学研修を行った上で、後半5日間はファシリテーター(ネイティブ講師)の下、東京大学などに在学中の外国人留学生を交えた小グループで探究型のプログラムに取り組みます。オール・イングリッシュでのディスカッションやプレゼンテーションなどに挑戦し、主体性・協働性を育みます。
    また外国人留学生は、修道生の自宅にホームステイ。家庭生活を共にすることで、さらなる異文化交流を図り、コミュニケーション力向上につなげます。

  • 広島大学(東広島市)で実施するプログラムもあります。

ShuDo Message from

グローバルな学びと活動を展開する修道生

中村 倫蔵さん

自分の英語で表現した日常会話や
プレゼンテーションでの成功が自信になった

4年中村 倫蔵さん

英語しか使えない環境に身を置いて、リスニング力やスピーキング力を高めたいと考え、オーストラリア研修(※)に参加しました。多くのプログラムの中でも、準備に苦心した英語でのプレゼンテーションが成功したことは、貴重な経験でした。ホストファミリーとの時間では、会話の他にもスポーツなどを通して交流を深め、楽しい時間を過ごせました。学校でも家庭でも、日本との文化の違いを感じる場面が多くあり、勉強になりました。また自分の英語が通じることを実感し、自信が持てるようになりました。今後も英語力を磨いて、外国人の前で堂々とスピーチできるようになりたいです。
※FLP USNWコース…2018年度以前は「オーストラリア研修」として実施。

柳田 悠喜さん

自分の視野が広がり、もっと世界を知りたい、
学びたい
という気持ちが湧いてきた

4年柳田 悠喜さん

ネイティブスピーカーと話すことで、自分の英語運用力を向上させたいと思い、エンパワーメントプログラム(※)に参加しました。身の回りのことから世界情勢まで、さまざまなテーマについて、修道生5人と留学生1人のグループで、英語だけを使って話し合ったり、プレゼンをしたりしました。また僕の家庭ではホストファミリーとして留学生を受け入れ、遊びを通してとても親しくなりました。プログラムを通して自分の世界が広がったように感じ、「もっと世界を知りたい、学びたい」と考えるようになりました。将来は、日本と海外の違いを上手に生かせるような仕事をしてみたいと思っています。
※FLP SHUDOコース…2018年度以前は「エンパワーメントプログラム」として実施。

山口 広貴さん

外国人留学生のホストファミリーとして
自然な英語をたくさん吸収できた

5年山口 広貴さん

僕がエンパワーメントプログラム(※)に参加したのは、講師となる外国人留学生との会話を通して、リスニング力を向上させたいと思ったからです。与えられたテーマについて、すべて英語で話し合い、プレゼンテーションで発表しました。僕の家では留学生のホストファミリーを引き受け、自宅でもしっかりコミュニケーションが取れたので、自然な英語をたくさん吸収することができました。プログラムを終えてからも、「これは英語でどう表現するのだろう」と日常的に英語に興味が湧くようになりました。将来は英語を使って、日本と他国との文化交流のサポートをしてみたいです。
※FLP SHUDOコース…2018年度以前は「エンパワーメントプログラム」として実施。

神田 真明さん

自分の目で見たかった隣国・中国へ
将来は日本と諸外国の架け橋を目指す

6年神田 真明さん

3年生で参加したオーストラリア研修(2019年度よりFLP USNWコースとして実施)が、海外に興味を持つきっかけとなり、5年生の時に「広島県青少年交流団四川省派遣事業」と「日本高校生短期訪中事業」に応募し、中国を訪れました。現地の学校や史跡への訪問やホームステイ、文化交流などを通して、隣国への理解を深めました。日本のメディアや教科書を通して見ていた中国と、実際に自分の目で見た中国は、大きく異なるものでした。また英語だけでなく、第二外国語を習得して、自分の武器にしていく必要性も感じました。今後はこの大きな経験を、何らかの形で表現していきたいと思っています。将来は中国で学んだことを生かし、さまざまな国と日本の友好の架け橋になりたいと考えています。