.

初級(1・2年)

社会の一員としての心構えと学びの基礎をじっくり育てる2年間

約束を守る、挨拶をする、言葉遣いや身だしなみのマナーを守るといった
社会生活習慣、そして、一つひとつの授業を大切にし、
予習・復習を確実に行う学習習慣。初級では実践を繰り返しながら、
これら2つの重要な習慣の確立に取り組みます。

ホーム  >  修道の学び  >  初級(1・2年)

初級の学び

学びと生活の基礎習慣を確立し、2年間で中学卒業レベルの学力を修得

初級は6年間の基礎固めを行う時期です。学校の授業や家庭の学習をこつこつと積み重ね、言葉遣いや身だしなみなど、社会生活のルールもきちんと身につけます。また本校では、6年次に大学受験に向けた学習時間を確保するために、初級の2年間で中学卒業レベルのカリキュラムを消化します。そのため授業進度はやや速めですが、放課後個別指導など、生徒ごとの進度に応じた課外学習を積極的に実施し、着実に学力を培っていきます。

初級の主な取り組み 1年 2年
学力や思考力を伸ばす

放課後個別指導(希望制)、夏休み補充授業(指名制)、夏休みセミナー合宿(指名制)

主体性や判断力、
リーダーシップを培う

林間学校

平和学習

将来の進路を考える

進路講演会

  • 6年間の基礎となる学習習慣と
    生活習慣を確立する

    初級では、学習面・生活面ともに6年間の成長を支える基礎固めを行います。学習においては、一つひとつの授業を大切にし、家庭で予習・復習をする毎日を積み重ねていきます。正しい言葉遣いや身だしなみ、挨拶をする、約束を守るといった生活のルールもきちんと身につけます。担任・教科担当の教員が生徒一人ひとりをしっかり見つめ、「当たり前のことを当たり前にできる」生徒を育てます。

  • 2年間で中学卒業レベルの
    学力を修得する

    6年生で、大学受験に向けた学習時間を確保するために、初級の2年間で中学卒業レベルのカリキュラムを消化します。授業の進度は少し早めですが、例えば英語では、プロジェクターを使った視覚的な授業を行うなど、確実な理解を助ける工夫を随所に採り入れています。学校の授業と家庭学習に繰り返し取り組む中で、着実に学力を身につけていきます。

  • 学習進度に後れを取らないための
    綿密なフォロー学習

    本校は土曜日を休日とする週休2日制ですが、生徒一人ひとりの進度に応じた課外学習を積極的に行っています。授業日の放課後に教員室で行う個別指導のほか、国語・数学・英語の学力向上を目指す「夏休み補充授業」(指名制)、2泊3日の合宿形式で基礎学力定着の徹底を目指す「夏休みセミナー合宿」(指名制)などを実施しています。

SHUDO Message

箕迫 慧さん 1年

修道は「楽」ではなく「楽しい」学校。
恵まれた環境で勉強できることに
感謝の気持ちと憧れを忘れず、
日々努力できる修道生になりたい。

箕迫 慧さん1年

僕が修道中学校に入りたいと思った理由は、「楽しい」学校生活を送りたいと思ったからです。修道では大変な授業や課題がある反面、自由に物事を行うことができます。これは決して「楽」なのではなく、「楽しい」のだと思います。そう思ったのは、修道の先輩方が「楽」ではなく「楽しい」ことを優先させ、「楽」なことを後回しにする姿勢を一人一人が貫いているのを見ても、先輩方は苦しそうではなかったからです。こんな生徒がいるならきっと先生もいいはず。ぜひ授業を受けてみたいと思い、志望しました。そしてどうやら僕の考えは当たっているようです。いい先生にいい先輩、僕はそんな恵まれた環境の中で勉強できることに、感謝の気持ちと憧れを忘れずに、日々努力していける修道生になりたいです。

濱桐 舜 社会科教諭/1年担任

みなさんには、自由な修道で
多くのことに挑戦してほしい。
初級では、その自由を楽しめるように
土台作りをしっかりと行っていこう。

濱桐 舜社会科教諭/1年担任

初級は6年にわたる修道生活を送るための基礎作り期間です。勉強面では毎回の授業をどのように受けるか、予習や復習では何に気をつけるべきかを意識して取り組むことが大切です。日々の授業内容がテストや大学入試で出題されるので、授業をしっかりと吸収することが成績を上げることにつながります。板書や課題を書き写すだけの勉強ではなく、大切な点をメモしたり、意味を考えたりしながら学ぶことを心がけましょう。このような習慣は簡単に身につくものではないので、初級のうちから練習すれば、その先の勉強において大きな助けになるはずです。
生活面では規則をしっかりと守っていくことが求められます。社会に出てから困ることがないように、加えて信頼される人間・自主性のある人間を両立させるため、初級のうちにマナーや言葉づかいといった基本的なルールを身につけましょう。そのルールの中で「今、自分に許されている自由は何か」と考えることで自立した人間になることができます。
みなさんには「自由」をモットーとするこの学校で多くのことに挑戦してほしいと思います。私たち教員が全力でサポートしていきます。その「自由」を楽しむための土台作りをしっかりと行えば、思い出に残る修道生活を送ることができるでしょう。

藤田 皓太郎さん 6年/社会班

夏休みセミナー合宿が
その後の成長の起因となった。
朝から晩まで勉強をやり切る経験が
力を伸ばしてくれたと感じている。

藤田 皓太郎さん6年/社会班

私は2年生の時にセミナー合宿に参加し、そこでの経験はその後の成長の起因となりました。セミナー合宿に指名されたことで、基礎学力が欠けているという危機感を覚えた私は、それまでの勉強を改めるきっかけを得たのです。この合宿で「朝から晩までの勉強」をやり切ったことで、長時間勉強をすることが苦でなくなり、合宿後も成長することができたのだと思います。
初級では生徒全員が授業についていけるよう、先生方が熱心に指導してくださいます。その一環で勉強の進捗を確認するテストがよく行われるのですが、特に歴史の授業では定期テストの前に確認テストのクラス内順位が発表されます。私は初め最下位だったのですが、その悔しさを晴らすため熱心に勉強し、その年の最後の発表ではクラス1位を取ることができました。修道という名だたる進学校での「為せば成る」という体験は、セミナー合宿と同じくらい、私の成長の大きな起因となりました。

  • 林間学校[1年・2年]
    .
    自然と親しみ、仲間と協働し、一人の人間として成長

    三瓶高原(島根県)で半世紀以上続く修道の伝統行事です。2泊3日で男三瓶山(1126メートル)への登山や埋没林公園の見学をします。また、キャンプファイヤーなどを通じて仲間と協力する大切さを学びます。

  • 進路講演会[1年・2年]
    .
    現役大学生の声を直に聞き、自分の将来像をイメージ

    将来の大学進学をにらんで、初級の段階から大学の存在を意識し、自分の将来像を考える契機とするために、現役大学生から大学生活や研究などについて聞く場を設けています。