.

初級(1・2年)

社会の一員としての心構えと学びの基礎をじっくり育てる2年間

約束を守る、挨拶をする、言葉遣いや身だしなみのマナーを守るといった
社会生活習慣、そして、一つひとつの授業を大切にし、
予習・復習を確実に行う学習習慣。初級では実践を繰り返しながら、
これら2つの重要な習慣の確立に取り組みます。

ホーム  >  修道の学び  >  初級(1・2年)

初級の学び

学びと生活の基礎習慣を確立し、2年間で中学卒業レベルの学力を修得

初級は6年間の基礎固めを行う時期です。学校の授業や家庭の学習をこつこつと積み重ね、言葉遣いや身だしなみなど、社会生活のルールもきちんと身につけます。また本校では、6年次に大学受験に向けた学習時間を確保するために、初級の2年間で中学卒業レベルのカリキュラムを消化します。そのため授業進度はやや速めですが、放課後個別指導など、生徒ごとの進度に応じた課外学習を積極的に実施し、着実に学力を培っていきます。

初級の主な取り組み 1年 2年
学力や思考力を伸ばす

放課後個別指導(希望制)、土曜学習会(希望制)、夏休み補充授業(指名制)、夏休みセミナー合宿(指名制)

主体性や判断力、
リーダーシップを培う

林間学校

PBLカッター研修、平和学習

将来の進路を考える

進路講演会

  • 6年間の基礎となる学習習慣と
    生活習慣を確立する

    初級では、学習面・生活面ともに6年間の成長を支える基礎固めを行います。学習においては、一つひとつの授業を大切にし、家庭で予習・復習をする毎日を積み重ねていきます。正しい言葉遣いや身だしなみ、挨拶をする、約束を守るといった生活のルールもきちんと身につけます。担任・教科担当の教員が生徒一人ひとりをしっかり見つめ、「当たり前のことを当たり前にできる」生徒を育てます。

  • 2年間で中学卒業レベルの
    学力を修得する

    6年生で、大学受験に向けた学習時間を確保するために、初級の2年間で中学卒業レベルのカリキュラムを消化します。授業の進度は少し早めですが、例えば英語では、プロジェクターを使った視覚的な授業を行うなど、確実な理解を助ける工夫を随所に採り入れています。学校の授業と家庭学習に繰り返し取り組む中で、着実に学力を身につけていきます。

  • 学習進度に後れを取らないための
    綿密なフォロー学習

    本校は土曜日を休日とする週休2日制ですが、生徒一人ひとりの進度に応じた課外学習を積極的に行っています。授業日の放課後に教員室で行う個別指導のほか、希望者による「土曜学習会」、国語・数学・英語の学力向上を目指す「夏休み補充授業」(指名制)、2泊3日の合宿形式で基礎学力定着の徹底を目指す「夏休みセミナー合宿」(指名制)などを実施しています。

SHUDO Message

大背 柊平さん 1年/バドミントン班

修道は兄やいとこも通った
僕にとって、なじみの学校であり
憧れの学校。
獣医師になる夢をかなえるべく
充実した学校生活を送りたい。

大背 柊平さん1年/バドミントン班

修道は、いとこや兄が通っていたということもあり、僕にとってなじみの学校であり、憧れの学校でもありました。特に文化祭や体育祭は、ユニークで広島一と言ってもいいくらいです。文化祭ではどの先輩も優しく接してくれて、僕もこんな人たちになりたいと思いました。そんな修道に入学できて、とても嬉しいです。バドミントン班に入って腕を磨くのはもちろん、友達や先輩と深い関係を築き、多くのことを学びたいです。勉強も頑張り、獣医師になるという夢をかなえるべく、充実した学校生活を送りたいです。カッコいい修道生になるぞ!!

鎌田 祐介 社会科教諭/1年担任

挑戦と凡事徹底を積み重ねた先に、
大きな成果が待っている。
これからの時代に活躍する土台を
修道で一緒に築いていこう!

鎌田 祐介社会科教諭/1年担任

初級では、修道での6年間の土台を築いていきます。一度染みついた習慣は良くも悪くも簡単には変えられません。初級で確立した生活習慣や学習習慣が中級、上級のベースとなり、6年間の取り組みの結果がその後の進路につながっていきます。初級は未来の可能性を広げていくための重要な時期なのです。「好きこそ物の上手なれ」という言葉がありますが、学習面では生徒たちが「面白い!」「もっと知りたい!分かりたい!」と、主体的に学ぶことができる授業や取り組みを推進しています。授業展開やタブレット端末の活用を通じて、これからの時代に求められる多様な人々と協働して学ぶ態度も養っていきます。ただ面白いだけではなく、コツコツと継続的な学習を積み重ねていくのはもちろんのこと、課題をクリアできなかったり、わからないことがあったりすれば教員がしっかりとフォローをします。
また、生活面では挨拶や服装、立ち居振る舞いなどを指導するだけではなく、修道では日々の生活や体験活動などで生徒自ら選択して行動する機会が多々あります。そこには、自由だけではなく、責任や友人との協力など、今後の人生に不可欠な要素があります。まず挑戦してみること、自分でしっかり考えること、そしてその取り組みを続けることを大切にしてください。自分でやると決めたこと、日々の当たり前のことを当たり前にこなし、誰にもまねができないほど積み重ねた時、大きな力と成果が身につくはずです。これからの時代で活躍する土台を修道で一緒に築いていきましょう!

高橋 悠汰さん 6年/バドミントン班

わからなかったことが
わかるようになった喜び
を感じた
夏休みセミナー合宿。勉強への
向き合い方を変える契機になった。

高橋 悠汰さん6年/バドミントン班

夏休みセミナー合宿は、入学後、成績の振るわなかった生徒が指名され、一緒に学ぶ合宿です。解けない問題が多く、つまずきがちだった自分に、先生方が寄り添って教えてくださったことで、それまでわからなかったことがわかるようになった時の喜びを感じることができました。この合宿をきっかけに、日々の学習への向き合い方を変えることができました。
また、入学後初めての宿泊行事だった林間学校も、初級の印象深い行事です。助手として参加している先輩方の背中を見ながら、必死に三瓶山を登りました。山頂から景色を眺めた時の達成感は今でも忘れられません。自分たちで火をおこした飯ごう炊さんで作ったカレーの味も格別でした。
2年生のカッター研修は、自分の人生の中で最もしんどかった出来事の一つです。体験ではなく研修なので教えてくださる方も厳しく、小さな体でオールを漕ぐのは大変でしたが、友達と懸命にゴールを目指し互いに鼓舞し合った時間は、僕にとってかけがえのない時間となりました。
修道に入ってからは、すべての行事が新鮮で刺激的でしたが、一番はやはり体育祭です。上級の先輩達は髪を鮮やかな色に染めて盛り上がり、その日だけ違う学校に来たかと思うほど。こうした修道生独特の集中力と熱気が脈々と受け継がれ、修道の校風を形づくっているのだと思います。

  • 林間学校[1年]・カッター研修[2年]
    .
    自然と親しみ、仲間と協働し、一人の人間として成長

    1年生は島根県の三瓶高原での林間学校、2年生は尾道市の境ガ浜でのカッター研修を行います。自然に親しみながら仲間と協働する中で、自然愛護・友情・連帯の心を育みます。

  • 進路講演会[1年・2年]
    .
    現役大学生の声を直に聞き、自分の将来像をイメージ

    将来の大学進学をにらんで、初級の段階から大学の存在を意識し、自分の将来像を考える契機とするために、現役大学生から大学生活や研究などについて聞く場を設けています。