.

初級(1・2年)

社会の一員としての心構えと学びの基礎をじっくり育てる2年間

約束を守る、挨拶をする、言葉遣いや身だしなみのマナーを守るといった
社会生活習慣、そして、一つひとつの授業を大切にし、
予習・復習を確実に行う学習習慣。初級では実践を繰り返しながら、
これら2つの重要な習慣の確立に取り組みます。

ホーム  >  修道の学び  >  初級(1・2年)

初級の学び

学びと生活の基礎習慣を確立し、2年間で中学卒業レベルの学力を修得

初級は6年間の基礎固めを行う時期です。学校の授業や家庭の学習をこつこつと積み重ね、言葉遣いや身だしなみなど、社会生活のルールもきちんと身につけます。また本校では、6年次に大学受験に向けた学習時間を確保するために、初級の2年間で中学卒業レベルのカリキュラムを消化します。そのため授業進度はやや速めですが、放課後個別指導など、生徒ごとの進度に応じた課外学習を積極的に実施し、着実に学力を培っていきます。

初級の主な取り組み 1年 2年
学力や思考力を伸ばす

放課後個別指導(希望制)、夏休み補充授業(指名制)、夏休みセミナー合宿(指名制)

主体性や判断力、
リーダーシップを培う

林間学校

カッター研修、平和学習

将来の進路を考える

進路講演会

  • 6年間の基礎となる学習習慣と
    生活習慣を確立する

    初級では、学習面・生活面ともに6年間の成長を支える基礎固めを行います。学習においては、一つひとつの授業を大切にし、家庭で予習・復習をする毎日を積み重ねていきます。正しい言葉遣いや身だしなみ、挨拶をする、約束を守るといった生活のルールもきちんと身につけます。担任・教科担当の教員が生徒一人ひとりをしっかり見つめ、「当たり前のことを当たり前にできる」生徒を育てます。

  • 2年間で中学卒業レベルの
    学力を修得する

    6年生で、大学受験に向けた学習時間を確保するために、初級の2年間で中学卒業レベルのカリキュラムを消化します。授業の進度は少し早めですが、例えば英語では、プロジェクターを使った視覚的な授業を行うなど、確実な理解を助ける工夫を随所に採り入れています。学校の授業と家庭学習に繰り返し取り組む中で、着実に学力を身につけていきます。

  • 学習進度に後れを取らないための
    綿密なフォロー学習

    本校は土曜日を休日とする週休2日制ですが、生徒一人ひとりの進度に応じた課外学習を積極的に行っています。授業日の放課後に教員室で行う個別指導のほか、国語・数学・英語の学力向上を目指す「夏休み補充授業」(指名制)、2泊3日の合宿形式で基礎学力定着の徹底を目指す「夏休みセミナー合宿」(指名制)などを実施しています。

SHUDO Message

村岡 駿兵さん 1年

体育祭や文化祭で見た、楽しくて
優しい先輩方の姿に憧れて修道へ。
勉強と班活動の文武両道を目指して、
かっこいい修道生になれるよう
頑張りたい。

村岡 駿兵さん1年

僕は修道に入学したい一心で、受験勉強を頑張りました。体育祭や文化祭を見学した時、先輩方が会場全体を盛り上げる姿や優しく接してくれる姿をみて憧れました。校内がとてもキレイで広々としていたのも印象的でした。憧れの修道に入学できて、ワクワクしています。
楽しみの一つである班活動では、バスケットボール班に入ろうと思っています。他の班と比べて練習日や練習時間が多く、勉強との両立は大変だと思いますが、文武両道を目指しながら良い友人関係を築いていけるよう頑張りたいと思います。6年間を通して、かっこいい修道生になれるよう頑張ります。

成田 恒輝 英語科教諭/1年担任

「自分の道は自分で拓く」!
修道の先生は、みなさんの努力を
全力で応援し、サポートする。
何事も失敗を恐れずに挑戦しよう。

成田 恒輝英語科教諭/1年担任

初級は修道生活のあらゆる土台となる大切な2年間です。修道の校風であり目標である「責任ある自由」を実現するために、まずは学校生活における約束事をきちんと守り、日々行動してください。初級では宿泊を伴う林間学校やカッター研修といった多くの集団行事があります。そうした他者との関わりの中で、自分の個性を伸ばしていくことが大切です。しかし、そのためには皆さんを陰で支えてくれる人たちの存在が欠かせません。保護者の方々や同級生をはじめとする周囲への感謝を常に忘れないようにしましょう。
学習面では、今の自分は何ができて何ができないのかをきちんと把握し、弱点や間違えた部分を分析することが大切です。オススメは好きなことを納得いくまでとことん勉強することです。そうして身につけた勉強法は苦手克服にも必ず役に立つはずです。
生活面においては、失敗を恐れず何事にも挑戦しましょう。修道では自ら考えて行動したのならば、結果だけでなく、その意図や過程も評価の対象になります。「失敗は成功のもと」という言葉があるように、失敗できる時にたくさん失敗をしておきましょう。
最後に、先生というのは教えることが好きでその道を選んだ人たちです。だから皆さんが努力している姿を応援しないわけがありません。積極的に話しに来て、皆さんのことを教えてください。オンリーワンの指導で応えます。皆さんは「自分の道は自分で拓く」! 先生たちはそれを全力でサポートします!

西川 佳佑さん 6年/バスケットボール班

夏休みセミナー合宿は
自分に足りない部分を補える場所
決して楽な合宿ではなかったが、
その後の勉強に対する姿勢が変わった。

西川 佳佑さん6年/バスケットボール班

夏休みセミナー合宿は、学力や思考力を鍛え直すプログラムであり、自分に足りない部分を補える場所です。「やらされる勉強」を通じて「自らやる勉強」を確立することができ、その後は合宿での学習に楽しく取り組めるようになりました。勉強一色の合宿で辛い部分もあったのですが、これをきっかけに僕の勉強に対する姿勢は間違いなく変わりました。
入学してから最初の宿泊行事である林間学校では、友達と思い切り遊びまわりました。最も印象深いのは、各自で林間学校に来ていくオリジナルTシャツを作ったことです。個性あふれる花をデザインした自作のTシャツは、修道生活のかけがえのない思い出として今でも大切にしています。
炎天下でのカッターは本当に過酷でした。しかし最終日前日の貸し切りプールでのレクリエーションで「修道らしさ」全開ではしゃぎ、最終日の早漕ぎ競争では同級生らと一丸となって、全力を発揮することができたので、カッター研修も最高の思い出になりました。
初級時の行事はどれも新鮮でワクワクの連続でした。その中でも一番印象に残っているのは、中学生しか参加しない音楽祭です。3年生の先輩たちが歌う課題曲に圧倒されました。本番までの練習はとても良い経験になったし、何よりも優勝した時の達成感は格別でした。
修道ではさまざまなイベントを通じて、学ぶ時は学び、遊ぶ時は遊んでメリハリをつけます。だからこそ、学力だけでなく人間力においても大きく成長することができるのだと思います。

  • 林間学校[1年]・カッター研修[2年]
    .
    自然と親しみ、仲間と協働し、一人の人間として成長

    1年生は島根県の三瓶高原での林間学校、2年生は尾道市の尾道クレセントビーチでのカッター研修を行います。自然に親しみながら仲間と協働する中で、自然愛護・友情・連帯の心を育みます。

  • 進路講演会[1年・2年]
    .
    現役大学生の声を直に聞き、自分の将来像をイメージ

    将来の大学進学をにらんで、初級の段階から大学の存在を意識し、自分の将来像を考える契機とするために、現役大学生から大学生活や研究などについて聞く場を設けています。