.

メッセージ

ホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  メッセージ  >  青木一真さん

青木 一真さん

3年/インターアクト班

青木 一真 さん

温かく歓迎してくれた先輩の笑顔が嬉しくて
インターアクト班へ。

インターアクト班は、福祉やボランティアを活動の中心としている班です。主な活動として『あしなが学生募金』などの街頭募金活動や、車椅子の清掃などに取り組んでいます。

入班のきっかけは文化班のデモンストレーション。インターアクト班を覗いた時に、先輩方が「来てくれてありがとう」と温かい笑顔で歓迎してくれたことが嬉しくて、この班に入ろうと決めました。

青木 一真さん

さまざまな体験ができるインターアクト班で、
来年からはさらに活動の幅を広げていきたい。

インターアクト班は季節ごとに活動内容が変わり、また3年ごとに韓国やハワイなど海外の人々と交流する機会もあり、年によってさまざまな体験ができるところに魅力を感じています。

中学生(1~3年生)の間は、他校でボランティアを行うクラブが少ないため、活動範囲が限られるのですが、高校生(4~6年生)になると他校との交流も広がるので、活発に幅広く活動していきたいと思っています。そして、どの班についても言えることだと思いますが、班活動は長く続けるほど自分の世界が広く、そして深くなっていくのではないかと思います。

青木 一真さん

班の先輩は、まるで兄のような存在。
先輩後輩を超えて仲良くなれるのが班活動の魅力。

班活動と勉強の両立は決して簡単なことではありませんが、できるかどうかは自分のやる気次第だと思います。「両立してみせる」と心を決めると、時間の使い方が変わってきますよ。修道は生徒数が多く、1年生から6年生までがそれぞれの班で活動しています。

先輩方は私にとって兄のような存在です。活動を共にする中で、先輩後輩の枠を超えて兄弟のように仲良くなれるのが、修道の班活動の魅力だと思います。

在校生メッセージ

学年およびインタビュー内容は2015年取材当時のものです。

  • 2年
    西本 祐輝さん

  • 3年
    青木 一真さん

  • 4年
    上中 孝太さん

  • 5年
    田中 光太さん

  • 6年
    渋谷 啓太さん

卒業生メッセージ

  • 修道高等学校2018年卒業
    東京大学 文科一類
    末廣 陸人さん

  • 修道高等学校2018年卒業
    東京大学 理科一類
    古井 駿さん

  • 修道高等学校2018年卒業
    京都大学 工学部
    小田 一輝さん

  • 修道高等学校2018年卒業
    京都大学 経済学部
    筒井 啓貴さん

  • 修道高等学校2018年卒業
    広島大学 医学部
    中本 翔平さん

  • 修道高等学校2018年卒業
    徳島大学 医学部
    中丸 大輝さん